窪井裕美 Kuboi Hiromi

 

≪星の花≫ 6号 

[略歴]

1984年 栃木県に生まれる
2010年 東京藝術大学美術学部日本画専攻卒業
2012年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程絵画専攻日本画修了
  再興第97回院展入選('14~'20)
2013年 第68回春の院展入選('15~'20)
2014年 ART FAIR TOKYO 2014(有楽町国際フォーラム)
2015年 東京藝術大学大学院美術研究科日本画後期博士課程修了 博士号(美術)取得
2017年 東京藝術大学日本画研究室興願寺襖絵事業参加
2018年 日仏友好160周年記念「日本画×新世代-伝統と伝承」出品(フランス・リヨン)
2019年 「japonismes2018 伝統と伝達」出品(フランス・シャモニーモンブラン図書館)
  「Accrochage de printemps」出品(フランス・リヨンGELERIE48)
  在リヨン領事事務所企画日仏文化交流事業に参加(フランス・シャモニーモンブラン市、アヌシー市)
  栃木県さくら市ミュージアムに作品5点収蔵                    (《夜話の森》《garden》《眼差し》《夕凪のいろ》《奏》
  窪井裕美展「Nostalgia」(そごう大宮店)
2020年 栃木県さくら市今宮神社にて十二支の絵馬原画を担当
  「新収蔵作品展 令和の風-変わるもの変わらないもの-」(栃木県さくら市ミュージアム)
  窪井裕美展「Bouquet」(そごう千葉店)
現在 日本美術院院友