堅山南風 Katayama Nanpu

 [略歴]

1887年 熊本市に生まれる
1910年 髙橋広湖に入門する
1912年  
1942年 院展「祈祷の僧」で大観賞受賞
1955年 大岡小学校を退職する。女子美術大学日本画科専任講師となる。その後、助教授を経て教授となる。
1959年 初個展を開く(日本橋三越)「海」をテーマにしたものが中心。
1961年 芸術選奨文部大臣賞受賞。個展(日本橋三越)「火山」をテーマにしたものが中心。火山のシリーズは1968、1969年頃から「富士」をテーマにするように変る。
1966年 新規開校した愛知県立芸術大学日本画科の主任教授に迎えられる。「面構」シリーズの制作を始める。
1973年 愛知県立芸術大学教授の定年を迎えたが、以後も客員教授として指導を続ける。
1975年 「面構 鳥文斎栄之」が日本芸術院賞恩賜賞を受賞
1982年 日本芸術院会員となる
1986年 文化功労者に叙せられる
1989年 文化勲章を受章
2005年 神奈川県立美術館にて「現代日本画の巨匠 片岡球子 百歳を記念して」が開催され名古屋市美術館、茨城県近代美術館を巡回。
2008年 逝去 享年103歳