棟方志功 Munakata Shiko

 

≪雲在嶺頭閑不徹図≫ 掛軸 倭絵 34.5×46.7 棟方志功鑑定会シール

 [略歴]

1903年 青森市に生まれる 

1916年 青森市立長嶋尋常小学校を卒業、家業の鍛冶職を手伝う。 

1920年 弁護士沢地甚蔵の紹介で青森地方裁判所の弁護士控所給仕となる 

1921年 青森在住の洋画家小野忠明にゴッホの「ひまわり」の原色版を見せられ     画家になろうと決意する

1924年 絵の修行のため上京、初めて帝展に「合浦( がっぽ) 池畔」を出品したが     落選

1928年 第9回帝展に油絵「雑園」で初入選する

1930年 第7回白日会展で白日賞を受賞。

     第5回国画会展に「貴女行路」他4点が入選

1932年 第9回白日会展でF氏賞を受賞。 日本版画協会会員となる。

     第7回国画会展出品作品のうち「亀田長谷 川邸の裏庭」で奨学賞を受賞

1936年 第12回国画会展に「瓔珞譜(ようらくふ) 大和し美し版画巻」を出品し、

     日本民芸館 の蔵品として買い上げられる。これを契機 に柳宗悦、河井寛

     次郎、浜田庄司らの知遇を受ける

1938年